遊戯王リマスター「第199話 究極のゲーム」感想。

こんばんは、Hope(ホープ)です。

あなたは、「遊戯王デュエルモンスターズ」というアニメをご存知でしょうか?

このアニメは、15年ほど前に放送されていたものですが、

現在、リマスターされて、土曜日の朝7時30分から放送されています。

www.tv-tokyo.co.jp

 

こちらも、2016年4月から放送されて、もう200話目近くになってしまいました。

アニメオリジナルストーリー「KCグランプリ編」が終結して、

原作を基にしたストーリー「ファラオの記憶編」が始まろうとしているところです。

この、「第199話 究極のゲーム」から、感想を書いていきたと思います。


青文字があらすじ、黒文字が私のコメントとなっています。

主人公、遊戯の仲間である獏良くん。

何かに追われてるのは、街を走り回り、教会へと逃げ込みます。
そこで、何やら謎の音と、謎の声が…
…このリリリリリっていう謎の音、ちょっと耳が痛くなってきますね( ̄▽ ̄;)
謎の声は、究極の闇のゲームという意味深な単語を言い、
獏良には、その大きな役割と与えるといいます。

うーん、一体どのような大役を任されるのか気になってしまいますね。

 

場面は変わり、出てきたのは砂漠の地。
出てきたのは…若いころの双六じいさん!?
若いといっても、それなりには年いってそうですね。

しかし、あまり腰の曲がった感じではなく、スラっとした感じにはなってます。

その夜、双六はタバコを吹かしながら、二人の案内人と一緒に、テントで休んでます。

え、双六じいさんタバコ吸うんですか!?

今までそのような描写は見たことなかったので、驚きました笑

双六は、黒いスーツの格好をしているのですが、

そこで案内人が、双六に対して「なぜそのような格好をしているのか」と尋ねます。

すると双六は、「俺はゲームだけが生きがい。だから、対戦相手に精一杯の誠意を見せたいんだ」と答えました。
双六じいさんは本当にゲームが大好きなんですね、

そこまで対戦相手のことを意識していたとはさすがです。

でも、言われてみれば、ゲームというのは、対戦相手がいないと成り立たないものも多いですからね。
あと、当時の一人称が「俺」になってるのも、ポイントですね。
一体いつから、「ワシ」というようになったのでしょう笑

 

そして、3人は怪しげな洞窟に入り込みます。

何かに気づいた双六は、吸っていたタバコを投げつけました。

すると、針のようなものが飛んできます。
どうやら、罠のようなものが仕掛けられてたようです。
双六がタバコ吸ってたのは、この時のためだったのですかね笑

 

先を進むと、石像が動き出し、双六たちを襲う。

そこで、双六は、あること思いつく。

「ファラオの前に立ったときには、自分の左側にある心臓を差し出すことを表すために、必ず左足を前に出さなければいけない…

だから、左足を前へ出せば!」

その勘は見事当たり、双六が左足を前にすると、石像は止まりました。

まさかそのような謎解きがあるとは驚きますね。

ファラオを前にすると、左足を出さなければいけないという決まりもそうですが、

あの絶体絶命の状況で、それを思いつく双六じいさんもすごいです!

 

そして、いろんな障害や妨害を受けることもあったものの、

双六は見事千年パズルを手に入れます。

…という話が、現在の双六から遊戯の元へ語られてました。

そして、その夜、窓になにやら怪しい影が現れます。

羽蛾と竜崎でした。

なんと、二人は遊戯の家の窓を割って、神のカードを盗み出します。


…この二人、全く反省の意思はないのですね(-_-;)
というか、竜崎は原作だと特に悪いことはしてないはずですが、

アニメでは羽蛾とグルになって、やりたい放題やってますよね。

とにかく困った二人です。

 

しかし、神のカードを盗んだと思いきや、
その中に入ってた千年リングが突然浮かび上がります。

そしてそこには、ある人物が立っていました。

闇獏良です。

千年リングは、その闇獏良の元へ飛んでいき、

そして羽蛾と竜崎は、何やら闇の力か何かで倒れたようです。

その現場にたどりついた遊戯はひとこと…

「君は誰だ!?」

「第199話 究極のゲーム」終わり

ついに闇獏良が登場ですか!?

二人に神をカードを盗ませたのは、一緒に入ってた千年リングと闇獏良を

めぐり合わせるという意味合いもあったのですね。

というか、遊戯って闇獏良の存在は知らなかったのでしょうか?

また、この後どんな展開が待ち受けているのか気になりますね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!